設置工事に際して

地デジアンテナの機種選択に際しては、皆さんが受信を希望される電波とのマッチングの確認が不可欠である事は、既にご存知の通りです。地デジアンテナはあらゆる地上デジタル放送の電波を受信出来る訳では無く、ご自宅に届く電波の周波数に合った機種の準備が必要です。
そして次にご紹介する重要なポイントが、集合住宅にお住まいの方々が地上デジタル放送を楽しまれるに際しての「高いハードル」となるケースも見られ、細心の注意を払っての事前確認が求められます。

「電波塔が部屋の裏側に位置しているなど、地デジアンテナ設置可能場所では電波を拾えない」なる悲しい現実が「それ」であり、ご自宅の占有部にアンテナを設置しても無意味なケースです。
たとえばお部屋の窓は西向きでベランダは南向きに対し、電波塔は北東に位置しているとなれば、当然建物の鉄筋コンクリートに電波は遮られてしまいます。

こうした環境下の場合、屋上など共用部への設置を選択せざるを得ず、管理組合を通じて他の居住者の理解を得なければなりませんが、特例を通すのは難しい可能性が否めません。こうした懸念に関しても、地デジアンテナの設置工事を検討される段階から専門業者にアドバイスを仰ぐ、他の居住者各位がどのように対応されているのか、事前に情報を収集するなどの作業が求められます。

 

 

共用アンテナとの違い

分譲マンションなど一定規模以上の集合住宅に中長期的にお住まいの場合、それまで既存の共用アンテナでテレビ放送を楽しみ続けるライフスタイル故、アンテナという存在自体への意識が希薄になりがちでも不思議ではありません。地上デジタル放送を楽しむべく地デジアンテナの設置を必要とする段階を迎え、ようやく基本中の基本となる予備知識と対峙するもチンプンカンプン・・・そうした方々も潜在的に大勢いらっしゃるに違いありません。

実際の設置工事に際し、担当業者から踏まえておくべき基礎知識を教わる事は十分可能ですが、ここで皆様にしっかり自覚しておいていただきたいのが、次に申し上げるポイントです。
「ご自宅に設置された地デジアンテナと周辺機器は全て自己責任で管理すべきシステム」なる、冷静に捉えれば当然のこの事実を忘れてはなりません。長年テレビの受信状態が悪化すれば、迷わず管理会社に電話から善処を求める生活習慣から、地デジアンテナに関しても同じ感覚が拭えない方々が時折見受けられます。

ご自宅で地デジ放送の受信状態に問題が生じた場合、どのような原因が推察されるのか、まずはご自身でどのような善処を試みるべきなのか、キチンと予備知識を備えておきましょう。何気に共用設備と錯覚しがちな地上デジタル放送受信システムですが、あくまで自己管理すべき私有物である点を、ぜひ頭の片隅にしっかり留めておいてください。

自宅専用地デジアンテナ

分譲マンションなどにお住まいの場合、管理組合で協議から多数決を採り、人気の高い放送局の電波を受信するための共同アンテナを、管理組合費を用いて設置するケースもみられます。それでもこのアンテナでは受信不可の地上デジタル放送を楽しみたい場合、自ずとご自宅に自費で該当するアンテナを設置する必要に迫られます。
ですが一戸建て住宅とは違い、建物の設計上の工事に際しての数々の制限、あるいは管理組合に事前に許可を得る必要や隣接する居住者各位の理解を求めるなど、必要となる作業も少なくありません。

それでも街を歩いてランダムにマンションに目をやれば、ベランダの限られたスペース内に小型の地デジアンテナが設置されている風景に数々遭遇します。あるいは低層階設計の比較的小規模の集合住宅の場合、複数の地デジアンテナが別々の方向を向き、屋上付近に並んでいる風景を目にするケースも珍しくありません。集合住宅暮らしだからとの理由で、地上デジタル放送を楽しむ事を我慢する必要はありません。

ここでは設置工事に際し、集合住宅にお住まいだからこそ求められる、事前の作業や周囲への心遣い、また設置後のアンテナの管理に関して注意を払っていただきたいポイントなどをご紹介申し上げます。
ちなみに実際に設置工事を担当する専門業者は、皆さんのご自宅同様、集合住宅の限られた条件下での豊富な作業経験を有しておられますので、技術面の不安は基本無用です。大切なのは工事当日に周辺住民のご理解の下、スムーズな作業が行える環境の事前確保なのです。